染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ 染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

固定細胞FISHプロトコル

<試薬>
FISHプローブ
ホルムアミド
エタノール

<細胞の変性処理>

  1. 細胞標本を70℃ホットプレート上で2時間ハードニング

  2. 70℃の70%ホルムアミド/2×SSC中2分間変性処理

  3. 氷冷した70%エタノールに5分浸漬

  4. 別の70%エタノールで洗った後100%エタノールに5分浸漬

  5. 風乾もしくは37℃インキュベーターで乾燥

    <プローブの変性処理>

  6. 1スライドあたり10μlのプローブをチューブに入れ75℃で10分変性

  7. 5分以上氷冷

    <ハイブリダイゼーション>

  8. 細胞標本にプローブをアプライしカバーグラスをかける

  9. 37℃で必要時間ハイブリダイズ

    <洗浄・検出(ダイレクト蛍光標識プローブの場合)>

  10. 2×SSC中5分浸漬しカバーグラスを静かにはずす

  11. 37℃の50%ホルムアミド/2×SSC中20分浸漬

  12. 1×SSCですすいだ後1×SSC中15分浸漬

    <洗浄・検出(ハプテン標識プローブの場合)

    1. 1%BSA/4×SSC溶液で希釈した抗体を100μlアプライしパラフィルムでカバーする
    2. 37℃で1時間反応
    3. 0.1% Nonidet P-40 (0.05% Tween20)/4×SSCで10分×2回、4×SSCで10分×1回洗浄
  1. DAPI染色後マウント

  2. 蛍光観察


 

 

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.