染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウスXY染色体FISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボ マウス間期角でのマウスXY染色体FISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウス正常細胞でのシグナル検出

 Y染色体プローブは検出しやすいようにペインティングプローブを用いておりますが、X染色体用プローブは細胞融合の検出がしやすいようにテロメア付近の約0.5Mbの配列より作成したプローブを用いております。間期核ではY染色体プローブは大きく明るいシグナルで検出され、X染色体プローブは小さくシャープなシグナルが得られます。黄色:Y、赤:X。

 

マウス肝臓切片でのマウスXY染色体FISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウス肝臓での移植細胞の検出例

 メスの肝臓にオスの細胞を移植したパラフィン包埋切片での解析例です。黄色いY染色体プローブのシグナルが得られる移植細胞が確認できます。移植細胞では赤いX染色体プローブのシグナルとY染色体のシグナルが1つずつ確認できますが、レシピエントの細胞では1つの細胞に3つ以上のX染色体由来のシグナルが観察される多倍体化した細胞も確認できます。黄色:Y、赤:X。

 

マウス心臓切片でのマウスXY染色体FISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウス心臓での移植細胞の検出例

 メスの心臓にオスの細胞を移植した凍結切片での解析例です。黄色いY染色体プローブのシグナルが得られる移植細胞が確認できます。XもしくはY染色体由来のシグナルが1つしか観察されない細胞もありますが、組織切片での解析では核が切断されている可能性があるためすべての細胞でXXもしくはXYの2つのシグナルが得られるわけではありません。黄色:Y、赤:X。

価格

コード
品  名
内容
価格(消費税別途)
MXY-10
マウスXY染色体FISHプローブ
(Y:FITC X:Biotin)
10回分(100μl)

 

99,000円

Inq

*本プローブはメタフェーズでの検出は保証しておりますが、組織切片では固定方法や組織の種類に
 より十分な強度のシグナルを得られない場合があります。
*カスタムラベルも承っております。マウスXおよびY染色体プローブDNAを、ご希望の蛍光色素で
 ラベリングいたします(別途料金が必要です)。

FISHプローブ、FISH関連試薬の製造販売は株式会社クロモサイエンスが担当いたします。

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.