染色体解析・FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ホーム/有限会社クロモソームサイエンスラボ最新情報/有限会社クロモソームサイエンスラボFISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプローブ/有限会社クロモソームサイエンスラボFISHプロトコル/有限会社クロモソームサイエンスラボ会社概要/有限会社クロモソームサイエンスラボ問い合せ/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ヒト脳組織切片正常部位FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ヒト脳組織切片1pLoss検査/有限会社クロモソームサイエンスラボ

正常

欠失あり

ヒト脳腫瘍パラフィン包埋切片での1p32領域欠失の検出

 BACクローンより1p32プローブおよび1q44プローブを作製し、ヒト脳腫瘍パラフィン包埋切片とハイブリダイズさせシグナルの検出を行いました。黄色がCy3による1p32プローブのシグナル、赤がCy5による1q44プローブのシグナルを示します。特定の腫瘍において腫瘍細胞に1p32領域の欠失が存在することが示されました。1q44シグナルは対照としてとっています。
北海道大学医学部脳神経外科 小林先生ご提供

 オリジナルのFISHプローブを製作することで腫瘍組織における染色体領域増幅欠失の解析、転座解析、染色体異数性の解析など、様々な解析が可能です。FISHプローブの作成もクローン番号や文献をご指定いただくだけで結構です。

 

マウス脳切片FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウス肝臓切片FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

マウス脳パラフィン包埋切片での
Y染色体とX染色体の検出

 赤いY染色体ペインティングプローブのシグナルと黄色いX染色体プローブ(プローブサイズ130kb)のシグナルが青い核の中に確認できます。対比染色はDAPIで行いました。

マウス肝臓パラフィン包埋切片での
Y染色体とX染色体の検出

 オスマウスの肝臓パラフィン切片においてY染色体
(黄)およびX染色体(赤)の検出を行いました。

 移植細胞の生着確認試験において、ドナーがオス、レシピエントがメスであればY染色体を組織切片中に検出することによりドナー細胞の生着が確認できます。また、細胞融合が生じている場合にはXXXYのシグナルを1つの核に検出することが出来ます(下図)。

 

マウス肝臓細胞融合解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ
マウス心臓切片FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

 オスマウス細胞を移植した雌マウス肝臓でXY FISHにより検出された融合細胞

 黄色がY染色体、紫がX染色体からのシグナルです。矢印の細胞でXXXYの核型が観察されています。

 マウス心臓パラフィン包埋切片でのY染色体とX染色体の検出

 オスマウスの心臓パラフィン切片においてY染色体(黄)およびX染色体(赤)の検出を行いました。核は青く対比染色し、心筋をバック  グランドの緑で検出しています。

 

RatY染色体FISH検査/有限会社クロモソームサイエンスラボ
ラット組織切片Y染色体FISH解析/有限会社クロモソームサイエンスラボ

ラット染色体標本でのY染色体の検出

 オスラット脾臓細胞より作成した染色体標本でY染色体の検出を行いました。Y染色体全体を染めるペインティングプローブとは異なりセントロメアの近傍に小さな強いシグナルが得られます。

ラットパラフィン包埋切片でのY染色体の検出

 オスラットのパラフィン包埋切片においてY染色体(黄)の検出を行いました。核は青く対比染色しています。

 

問合せ

▲ページのトップへ   ▲ホームへ  ▲サイトマップ 

Copyright(C)2009 Chromosome Science Labo. Ltd. All rights reserved.